0

スガ氏メルマガ更新!

スガ氏メルマガ更新!

久々にスガシカオの音楽エッセイが再開された。

何度かお伝えしている「ニコニコ動画に見た、知的財産権の未来」の続きである。

前回の配信はFFツアーが始まる前の6月初旬なので、1ヶ月ちょっと経っている。

そう言えばまだ続きがあったのだと思ってしまったくらいだ。

前回までは、CDが売れなくなってしまった音楽業界が、今後どのように変化していくのかという話でストップしていた。

今までのやり方でCDを売る韓流とアイドル、CDが求められなくなるその他のアーティストという二分化というところで話が終わっていた。

全てはスガ氏の主観でしかないが、実際にその業界に身を置いて感じ取っている訳だから、単なる主観とも言い切れない。

音楽好きとしては、気になるアーティストのCDは手元に置いておきたいと思う。

CDすらなくなってしまったら、この先は配信でしか曲が購入出来ないのだろうかと心配になった。

しかし、未来はあった。

それは、現在の私自身も行っている音楽の取り入れ方そのものだった。

CDが売れていないというのに、ライブ・フェス・イベントは大盛況だという。

最近はあまりメディアに出て来ていない昔からのアーティストも、ライブやフェスには出演している。

今はコンサートバブルと言われているらしい。

考えてみたら、フェスやイベントで気になったアーティストのCDを購入している。

そして、入れ込んだらワンマンライブにも行くようになっている。

そうか、そういう流れになっているのか。

気に入ってもらい、CDやグッズを購入してもらい、アーティストの収入になっている。

だから、今のところ音楽が廃れることはないのだ。

でも、スガ氏の話によると、5,000円のチケットでは黒字にはならないとのことだ。

今後はチケットの料金が上がるだろうと見込んでいる。

そう考えると、音楽の価値はものすごく上がるのかもしれない。

何万を支払ってでも行きたいと思える音楽ということになるからだ。

ライブ好きとしてはチケット料金が上がるのは少々痛手だが、その分仕事も頑張れそうだ。

まずはフェスで“ワンマンに行く価値があるアーティスト探し”をしてからになるだろうけれど。

こうやって好きな世界の裏側を知るのはとても面白い。

専門としている人しか知らなかった世界だから、今後の音楽の楽しみ方に影響が出るかもしれない。

神戸の婚活パーティー

お笑いDVD「ごぶごぶ」鑑賞の休日

今日は1日、家に引きこもって前日ツタヤでレンタルしてきたお笑いのDVDを視聴していました。

レンタルしてきたのは、関西ローカル番組「ごぶごぶ」のDVDです。ダウンタウンの浜田雅功さんこと浜ちゃんと、東野幸治さんこと東のりさんがお送りする、お散歩? 的なバラエティです。非常にゆる~い番組です(笑)

番組内容は、関西版モヤモヤさまぁ~ず2といった感じでしょうか。時期的には放送開始日はほぼ同時に近いので(ごぶごぶの方が1ヶ月強遅く放送開始)、どっちがパクリとかそういうのは無いと思います。多分。

私はこの番組のことを、レンタルするまで知りませんでした。一緒にツタヤに行った友人に、「これ面白いよ~」と進められてレンタルしたのですが、これが大当たり。友人の言ったとおり、とても面白かったです。

ただ、面白いのですが、浜ちゃんは相変わらず毒が強いですね(笑) 放送禁止用語が多いのか、会話を消されてしまうシーンがたくさんあり、視聴者側としては何を言っているのか非常に気になって仕方ありませんでした。100%悪いことを言っているのは分かりましたが(笑)

毒を吐く浜ちゃんにたじろぐ東のりさんがまた面白いです。2人の組み合わせはナイスです。モヤさまとは違った街ぶらりが楽しめる番組となっています。モヤさまが好きな人、2人が好きな人は間違いなく嵌れる番組です。

この番組の面白いのは、編集にもあります。内容が緩ければ、編集も緩いのです。シーンを繋ぎ合わせて番組を構成するのが面倒なのか、結構眺めにカメラを回し続けており、それをそのまま使っているんです。会話が途切れていたり面白くなかったり、移動が長かったりすると、そこのシーンを切り落としたりナレーションで繋いだりせず、早送りで済ませてしまっているんです。

あの構成は逆に見ていて面白かったです。ローカルっぽい感じで私は好きです。最近の全国ネットのバラエティは、ごちゃごちゃしていて醜い場合がたまにありますから。やはりバラエティ番組はシンプルが一番。肩肘張らずに

楽しめるのが一番です。

しかし、浜ちゃんしかり松ちゃんもですが、このダウンタウンの両人の皮肉溢れる毒舌は凄いですね。でも凄いのですが、角が立たない感じはまた、もっと凄いと思います。本音か本音では無いのかはさておき、これは凄い才能だと思います。意外とこのような方々が政治家になったら面白いんじゃないかと私は思います。

ですが仮に本当に政治家となってしまったら、ショックは大きいです。ダウンタウンの2人には、生涯お笑いの世界で生きていってもらいたく思います。いつまでもたっても、年末の罰ゲーム企画も実施してもらいたいですし(笑)