0

ダメと言われても…

ダメと言われても…

今更ダメと言われてもねぇ(笑)。

そんなツッコミを入れたくなる記事に出会いました。

昔から“この食べ合わせはダメ”と言われているものはあります。

うなぎと梅干しとかてんぷらとスイカとか、この組み合わせで食べるとお腹を壊すと子どもの頃に言われた記憶があります。

でも、一体どんな根拠があるのかは分かりません。

一緒に食べることはなくても、時間差で食べたことはあります。

なんともありませんでした。

今回目にした記事は、アメーバニュースにあった「NEWSポストセブン」が元ネタのものです。

大学教授が言っていることですから、一応根拠があります。

一緒に食べると栄養の吸収を妨げるとか、体に悪影響を及ぼすなどの類です。

では、どんなものがダメなのでしょうか。

1.ラーメン+ライス

定番と言えば定番ですね。

ラーメン屋ではラーメンしか食べない私ですが、ラーメンライスは鉄板だし、ラーメン&チャーハンなどという組み合わせもあります。

どちらも炭水化物なので、体にいいはずはないですが、美味しいのです。

肥満の原因になると書かれていますが、そんなことは皆さん百も承知でしょう。

今更言われても…。

美味しいものはやめられないものです。

2.ビール+フライドポテト

ビールが飲めない私が言うのもなんですが、こちらも定番の組み合わせです。

お酒と高脂肪の食べ物を一緒に摂取すると、脂肪の吸収を加速させるようですよ!

でも、これも皆さんがご存知のことだと思います。

お酒と油ものの組み合わせは美味しいです。

やめられるわけがありません。

3.紅茶+レモン

え!!Σ( ̄口 ̄;;

これの何がダメなの?

そう思ったら、子どもの頃に言われたことが書かれていました。

輸入レモンに使われている防かび剤がカフェインと結び付くと、発がん性物質が生じるようです。

発がん性物質とは知りませんでしたが、薬がついているからレモンは入れない方がいいという話は聞いたことがあります。

でも、そのまま使用する人なんていませんよね?

レモンティー好きが怒りそうです。

ちなみに、私はストレートで飲むのが一番好きです。

4.シラス+大根

だって、美味しいんだからいいじゃん!

思わず言ってしまいました。

必須アミノ酸のリジンの吸収を、大根のリジンインヒビターという抗体が妨げるそうです。

これで栄養を摂取しようなんて思っていませんし、美味しいものをやめろとでも?

この記事は新常識として紹介しておりましたが、新常識でもなんでもないですよね?

多くの人がこれを知っていると思いますし、それでもやめません。

私もやめないだろうな…。

人生最大の遅刻

10代20代のころ、完全夜型人間だった私は低血圧だったこともあって朝が大の苦手。

自転車通学をしていた高校時代は、一週間に一度は必ず遅刻していました。

ギリギリの時間に家を出て、学校めざしてすっ飛ばすのですが、途中で二度信号にひっかかるともうアウト。

正真正銘「ギリギリ」に家を出ていたので、遅刻するかしないか……というのはまさに僅差だったのです。

この「ギリギリ」に家を出るという習慣は、大学生になっても続きました。

一限目から授業があるときは、目覚まし時計を2つセットしてから寝ていたものです。

それでもなかなか起きられず、最初は徒歩通学を目標にしていたのがだんだん自転車通学になり、最後には原チャリ通学になり……。

特に、3年生になってからは学部が山のてっぺんにあったため、学校の裏山を原チャリで回って構内に乗り入れなければゼミに間に合わない、といった具合に。

でも、学生時代はそれでもよかったのです。

遅刻してもしなくても、自分が責任を取ればよかったのですから。

社会人になると、そうはいかなくなりました。

私の人生最大の遅刻は「入社式に寝坊して、一時間遅れで会場に到着」というもの。

例によって、目覚まし時計をセットしてから寝たものの、すでに耳に慣れてしまった電子音では目が覚めず……。

気付いたときには目標起床時間を一時間以上も過ぎていました。

「間に合わない!」

と顔面蒼白になりましたが、同時に、

「入社式に遅刻するくらいなら、会社なんて辞めちゃえ」

などととんでもないことを考えてしまったのです。

結局、入社式には一時間遅れで出席しましたが、会社は辞めてしまいました。

しかし、よくよく考えてみると、私にとってはどうせ辞めてしまう会社の入社式に遅刻するよりももっと恥ずかしい、人生を左右するような大遅刻の経験がありました。

就職活動をしていたとき、初めて役員面接までこぎつけた会社の最終試験に遅刻してしまったのです。

もう信じられないとしか言いようがありません。

本社が遠くにあったため、時間に余裕をもって目覚まし時計をセットしたつもりでしたが、起きた時にはすでに遅し。

それこそ顔面蒼白になって新幹線に飛び乗ったのを覚えています。

当然、結果は不合格。

ちなみに、あのとき、ちゃんと時間通りに起きていたら……。

私はSEになっていたはずでした(笑)。